そのた

新型コロナウィルスの副産物②〜生産性が劇的に向上した

新型コロナウィルスの大流行の副産物として、生産性が劇的に向上しました。

理由は全ての仕事が基本的にリモートワークになり、仕事がデジタル前提になったからです。

コロナ前は、相手がある仕事の場合、相手の非効率な仕事のやり方に合わせなければならないことも少なくありませんでした。わかりやすい例ですと、メールで済むことをFAXのやり取りにさせたり、必要のない印鑑を求められたり、些細なことでリアル面談を求められたりといったことが挙げられます。

しかし、現在は今までリアルに拘っていた仕事相手ですら、コロナを理由にオンラインでの対応を受け入れてくれます。

例えば、オンラインで会議をすると資料共有もデータになりますし、会議で話すべきこととチャットで共有することを分けて考えるので、会議の時間は短縮されるだけでなく、今まで以上のアウトカムが出ることが多いです。

私が関わっている組織で最も顕著な事例だと、磐梯町が挙げられます。最高デジタル責任者として昨年からリモートワークの環境を整えてきましたが、ここで一気に花開きました。アナログに強いこだわりを持っていた課長もむしろオンライン会議などを率先して行い、私の知る限りの行政では考えられないくらいのスピード感で価値が生み出されています。

アウトカムベースで考えるとコロナ前に比べて量は格段に増えています。しかし、そのアウトカムのために費やす業務や移動時間が減少しているので、生産性という点では向上しています。

ただ、実は今まで以上に仕事に追われていることも多少あったりします。非生産的なことをやるために生産性を向上させているというループはまだ抜け出せていませんね。

新型コロナウィルスの副産物は、生産性の向上かもしれません。